海老名市立中央図書館に行ってきました

標準

久々のポストになります、10か月ぶりくらいの更新ですね。

標題の通り海老名市立中央図書館に行って来ました、そのレポートです。


海老名市立中央図書館、いわゆる「TSUTAYA図書館」として有名ですね。

批判も多い図書館だということも承知してますが、一利用者として見た時に意外とこれはこれで「あり」だと思った面もあるのが正直なところです。市民のニーズを反映させたらこういう選択肢もあるのではないかと。市民のニーズとは、スターバックスコーヒー、お洒落で居心地の良い空間です。

海老名は一応は首都圏かと思いますが、一方で地方になるとスターバックスなんて結構なブランド力を持っていたりする。またTSUTAYAのノウハウを活かした都会的な空間作りも大きな魅力を持ち得ると思います。武雄や多賀城なんてその傾向が強いのではないかなと想像しています。

また、書店と図書館の機能を併せ持っている点も特徴的です。これも個人的に一利用者としたら悪くないのではないかと思いました。書店と図書館、併設されてて便利みたいな感じで(本もわりかし買う方なので)。

一方で郷土資料は、規模の割に収集やアクセサビリティが弱いかもと思いました。図書館を訪れた際、郷土資料を見る基準としてWikipedia townを開催した時をイメージしてみるのですが、ちょっと頼りない印象でした。

またTSUTAYA図書館といえばダミー書架のことをよく言われますが、やはりありました。高層書架に「DICTIONARY」と書かれた背表紙の本が並んでいて、2階か3階で手に取ってみるとなんと本ですらなくカバーだけでした・・・。こういうところが叩かれる原因の一つなんでしょうね。

図書館法第二条において、図書館は「図書、記録その他必要な資料を収集し、整理し、保存して、一般公衆の利用に供し、その教養、調査研究、レクリエーション等に資することを目的とする施設」と定義されているのですが、その定義や、また旧来的な図書館像から大きく逸脱しているところに反発を招いている原因でしょうか。

しかし、市民のニーズがそうさせてしまったのならそれはそれである意味仕方がなくて、外野がわいわい言うのもどうかと思います。東京に住んでいたらスターバックスコーヒーなんてあって当然ですが、地方に行くと凄いブランド力を持ってように感じていますし(ここは強調してます)、地域には地域のニーズがあります。

付け加えておくと、私は地方の人口5万人程度の市の出身です。何が言いたいというと、武雄市と同じ規模で、同じような田舎出身だということです。だからこそ、蔦屋書店のセンスやスターバックスコーヒーが地方でどのように受容されているか肌感覚でわかる気がしています。

冒頭で一利用者として見た時に意外とこれはこれで「あり」だと思った書きましたが、一つの選択肢として市民がそれを望んだのであれば、こういう形もあるのではということです。

追記:海老名市立中央図書館のオリジナルトートバッグを購入しました。大容量で、お洒落です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中