課題解決を謳うなら、レフェラルサービスでは?

標準

新年あけましておめでとうございます。なんだかんだで昨年は職場を4つ経験しましたつじです。

何故に職場を4つも渡り歩いたかというと・・・、そんな事をこんなオープンな場所で書けるわけないではないですか(笑) 今いる場所で場所で出来るだけのことをやりつつ、自分が思うサービス、図書館像を具現化すべく努めていきたいと思います。

最近は公私ともに忙しいこともあり、図書館について自分の中の根本的な理想像(たとえそれが漠然としていても)が曖昧になってしまっているなと痛感しています。それもあってのこのエントリーです。とりあえず一つ前々から思っていたこと、考えたことを書き散らしますので、至らない所があっても諸々ご容赦いただき、温かい心で読んでいただけると幸いです。

「課題解決」と図書館について

 「課題解決型」の図書館などと、昨今よく目にするフレーズですが、自分には今一つピンときていません。2014年の夏の司書講習で、「図書館員は医療相談・法律相談・人生相談」に乗ってはいけないと教わりました(「なぜですか? 法的根拠は「あるのですか?」と教員に質問しましたが、曖昧に濁されました・・・、いつか調べねば、自力レファレンスだ・・・)。そんな無力な図書館員が利用者の課題なんて解決できるのか。資料だって健康情報の49の棚に行くと、医療情報の本の中にも怪しいものもたくさんあるし、3類の法律書を図書館員は読みこなせるか、また人生相談に乗ってはいけないのであるならば、鎌倉市図書館の話題になった「死にたくなったら図書館においで」という旨のツイートはグレーなのではないかと悶々としています。つまりは図書館に課題解決なんて現状で出来るのかよっ! という突っ込みですね。でもでも突っ込んでいるばかりではありませんよ、課題解決というならば、もっとレフェラルサービス(他機関紹介サービス)に力を入れるべきではないかと考えています。法律情報や医療情報や人生相談に関する相談を受けてはいけないのなら、例えば法テラスや地域の医療機関等につなぐ(これも最近の図書館のキーワードでしょうか)ことによって、より課題解決に近づくのではないかと考えています。そのためには図書館の外に出ていくこと、異業種の世界へとつながりを作っていくことが必須要件となりますね。

と、こんなことを思ったのも実はビックイシュー基金で働いていらっしゃる方のお話を聴く機会があったからなんです。ビックイシュー基金さんでは、「路上脱出ガイド」という小冊子を作成されて、様々な場所で配布されているとのこと。その冊子は、路上生活者がそこから脱出するにあたっての方法や支援してくれる機関などをまとめたものです。公共図書館と路上生活者、よくトラブルになりがちだと聞く事案ですが、図書館が路上生活者にビックイシュー基金さんを紹介(レフェラル)することはまさに課題解決じゃないかと思った次第です。

「課題解決」という言葉が声高に叫ばれるようになったのは、菅谷明子さんの『未来をつくる図書館』(岩波新書)の影響があったのかなと推測していますが、どうなんでしょうか・・・。『市民の図書館』、それ以降に明確な指針を打ち出せていなかった日本の図書館会(とりわけ公共図書館)にとって、ニューヨーク公共図書館の展開しているサービスは新たな目指すべき指針に見えた、というのは私の推測でしょうか・・・? もう一度書きますが、「課題解決」というならレフェラルサービスに力を入れるべきではないでしょうか?

 

何な偉そうなことを書いてしまいました。では実際に自分がどう動いていくのか、それはまた次回にでも書きたいと思います。明日は仕事始めなもので、今日はこれくらいにしておきます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中