司書講習フォローアップのススメ~その1~

標準

こんばんは、久々の更新になりますね、つじです。

昨夏の司書講習で無事に司書の資格を取得し、その後に、自分自身の至らなさを身に沁みて感じることもありながらも、本当に様々な紆余曲折を経て、今現在は都内の図書館で働いています。昨夏に司書の資格を取ったといっても、まだまだここからがスタートだなと思ったのはよく覚えています。閉講式で先生方も口々におっしゃっていましたしね。司書という資格だけでご飯を食べられる時代でもないですし、やはりその後のフォローアップが欠かせないなとは今でも肝に銘じています。

最近は「司書講習」というワードでこのブログがわりと検索されているようなので、そこで司書講習の後のフォローアップのススメを書いてみたいと考えました。余りプライベートなことは今のところここでは書かないつもりなので、どんな本を読んだか、どんな研修を受けたか、など等の紹介をぼちぼちしていきたいと思います。

ちなみに明治大学での司書講習では、菅谷明子さんの『未来をつくる図書館ーニューヨークからの報告ー』(岩波新書・2003/9/20)と、猪谷千香さんの『つながる図書館ーコミュニティの核をめざす試みー』(ちくま新書・2014/1/7)はレポートの必読文献でした。おそらくレポートの出来がどうこうよりも、「司書の資格を持つんだったら、最低限この2冊は読んどかないと!」という先生からのメッセージを個人的には感じました。十年ほどの出版年の違いはあれど、先駆的な図書館の在り方を提示したこの2冊の本は、与えたインパクトの大きさを鑑みても図書館に携わる人間なら、確かに最低限に抑えておくべき本だと個人的にも思います。まあ『未来をつくる図書館』が出版された当時は図書館の世界にいなかったので、伝聞でしかないのですが・・・。

さて、この2冊ではアメリカと日本、各国の先駆的な試みをなす図書館が紹介されています。この2冊を読めば、ニューヨーク公共図書館がどのような取り組みをしている組織なのか、また日本においても様々な全国の様々なカタチの図書館を必然的に知ることになります。それは、これからの図書館像を語る上で議論をする前提条件のようなものを知るということなのだと、個人的には思っています。

この2冊の他に図書館本で読んで欲しいものは何冊もあるので何点かピックアップしたいと思います。

まずは鎌倉幸子さんの『走れ! 移動図書館~本でよりそう復興支援~』(ちくまプリマー新書・20014/1/7)です。東日本大震災の際の、本を通して、被災地での移動図書館活動を通しての復興支援の取り組みを書いたこの本は、様々な切り口で読むことが出来る本です。ボランティア、被災地支援の在り方、本のチカラ、など等。震災直後の緊迫した状況から、被災地の様子、そしてそこから移動図書館プロジェクトを立ち上げるまでのプロセスが語られます。その過程、また被災地での移動図書館活動の記録の中で、また鎌倉幸子さんが所属されているシャンティ国際ボランティア会の格言のような言葉の数々に触れ、なにか図書館の本質に触れたような感触を得た記憶が残っています。

次は柳与志夫さんの『千代田図書館とは何かー新しい公共空間の形成ー』(ポット出版・2010/3/2)。新しくリニューアルした際の千代田区立千代田図書館を開館させるまでのプロセスが、かなり強気な口調で書かれています。リニューアルする千代田区立千代田図書館という新しい「公共空間」を作り出すために尽力する著者と、その過程。こんなにストレートに書いてしまって大丈夫かと心配になるくらい、刺激的な1冊でした。司書であるという意識を高く保つというという意味でも、読んでおいて損はない1冊かと。著者の熱い意気込みが伝わってきます。

読んだ本の紹介は今回はこの辺りで。久々に少しまとまった量の文章を書くと疲れますね(笑) でも最後に読んだ本以外で2点書かせてください。

一つは明治大学リバティーアカデミーで開講されている「図書館員のためのブラッシュアップ講座Ⅻ」(https://academy.meiji.jp/course/detail/2017/)です。隔週くらいの割合で、全15回の講座です。図書館会の先端を行く方々の講義を受けられるだけではなく、受講者同士の横のつながりも持つことが出来て、参加してみて本当に有意義でした。今年も秋から来春にかけて開講予定とのことなので、参加してみることをおススメします。

もう一つは、FacebookをはじめとしたSNSを使って積極的に情報をキャッチしていくこと。SNSをやっているかどうかで、同じ図書館員であっても、研修や講演会などの情報に対して、かなりの情報格差があると個人的に痛感しています。情報を扱うプロであるはずの図書館員として、様々な情報をキャッチし、つながりを作っていくためにSNSを駆使するということは大きな意義があると考えています。

とりあえず今日はこれくらいで。また余力があるときに更新したいと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中