司書講習最終報告(でもまだもう一回司書講習について投稿しますよ)

標準

こんにちは、ブログご訪問ありがとうございます。司書講習の授業内容について書いてきたシリーズも今回でラストです。
全体の総括というか、司書講習を通して感じたことなどは改めてまとめたいと思いますが、今回は最後の授業であった図書館文化論と、閉講式、懇親会について書いておきたいと。

図書館文化論も選択科目で、他には障害者サービス論、専門資料論、書誌学、図書館建築と施設計画とあったのですが、図書館文化論は個人的に関心のある公共図書館にリンクする、また図書館の本質的なところに触れられるかなという期待があって選択しました。他の選択科目も受けたいのはやまやまだったのですが。

図書館文化論、明治大学中央図書館での展示「図書の文化史」とリンクさせるような形で、文字の発生から文字の記録媒体、古代図書館の成立からキリスト教圏における写本、グーテンベルグの印刷技術の発明などをパワーポイントで様々な資料を紹介いただきながらの講義でした。図書の文化史、図書館の文化史というような内容でしたね。

「図書の文化史」の展示、そして講義を通じて最も印象に残ったことを一つ。それは古代エジプトの民衆文字で記された商業文書が「図書の文化史」で展示されていたこと。古代エジプトには、象形文字、神官文字、民衆文字と幾つかの文字があったとのことなのですが、この展示されていた民衆文字の商業文書は文字通り民衆のもので、取り立てて文学的に優れているとか、名前のある人が関わっているとか、そんなことはない。民衆の実際的な、おそらく当時には文化的価値を与えられなかった、それが資料価値のあるものとして展示されている、そのことに不思議な感慨を持ったのです。図書館は「社会の記憶装置」だとよく言われますが、何を保存すべきなのか、何を後世に残すのか、そのことについて自覚的にならねばならないし、何を残すのかを見極めることが必要になってくるなと。東日本大震災における、震災前と震災のあとの仙台の様子を対比させる写真集を出版したいという動きがあったことなどを思い出してしまいました。普段目にしているものや景色だからこそ、記録しておく価値があるなんてなかなか思わないし、また記録しようともなかなかしないだろうし、しかし記録しておくことは大切なのだなと。

そんな図書館文化論は最後の授業でした! なのでその後は閉講式と懇親会でした。ここまでくると受講生の皆さん、二ヶ月に渡る講習がほぼ終わったので、お疲れ様と交互に声を掛け合うなど、やりきった感が感じられます。そして、閉講式は先生方からお言葉をいただく形でした。先生方、口を揃えて「ここからがスタート」だとおっしゃっていましたね。

懇親会は軽食が出る立食形式のスタイルで一時間ほど時間が取られていました。そこでなんと初めてお話させていただいた方から「ブログいつも読んでます!」とお声かけいただいたのは驚きました(笑) ブログの管理画面からどのようなルートでアクセスされているか把握できて、「司書講習 2014」みたいなキーワードで検索されているのは知っていたので、同じ受講生の中にブログを読んでくれている方がいるのはうすうす感づいてはいたのですが、まさか懇親会の場でお声かけいただけるとは。結構、会場の人口密度が高く(笑)、本当にたまたま近くになって話しかけた方にそのように言っていただいたので、びっくりでした! 嬉しいですね、ブログを読んでいただけるのは。

懇親会はノンアルコールだったので、三々五々に皆さん打ち上げに行かれる様子。また最後に連絡先を交換している場面も多々見受けられましたね。自分もさすがにお酒を飲みたかったので、打ち上げへと行きましたよ。お付き合いいただいた方々ありがとうございました!

いや、なかなかの開放感でしたね・・・。二ヶ月の長丁場、受講生の皆さん、先生方、事務の方々、本当にお疲れ様でした! ありがとうございました!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中