司書講習中間報告~その9~

標準

こんばんは、ご訪問ありがとうございますー。

司書講習中間報告です、疲労により、演習終了から一日遅れの投稿です…。今回は情報資源組織演習A(目録法・メタデータ作成)でしたー。演習ということで、またまた手を動かす作業がメインでしたね。なかなか手強かった…。

目録を作る演習が主だったわけですが、それってどういう作業なのか、ざっくりと言ってしまえば、図書館に新しく入って来た資料について情報を付与していくことなんですね。一つ前の演習の分類と件名を付与する作業とはまた別に、資料についてのデータを記入するのです。著者、タイトル、シリーズ名、ページ数や大きさといった資料の形態等、資料に情報を与えていく。

実際的に、資料についての目録は国立国会図書館やTRCが作っているのを共有しているのが現場の実情のようで、新たに目録を作るにしても地域資料などがメインになってくるとのことでしたが、司書たるもの目録作成は身に付けておくべきスキルということでの演習。

これがなかなか大変な作業なのです。例えば図書の形態としての資料でも、シリーズに入っていたり、改版されていたり、著者が複数いたり、翻訳者がいたり、雑誌だったり、まあ本当に様々な例外のようなのがあり、様々なパターンがあります。そういったパターンごとに、こういう場合はこの記号を使う、というような細かい規則があるわけです、それをその規則を規定している『日本目録規則』を参照しつつ、目録を作っていく。

基礎的なフォーマットで収まればよいのですが、そんな簡単にいく資料ばかりなわけもなく、一つ覚えたらまた一つ新しいことを覚えなければならない、という感じで付いていくのが大変でした。三日間で詰め込むには、ボリュームが多かったからそういった形になったのかなとも思いますが。 いや本当に、覚えなければならない規則がたくさんで悪戦苦闘でしたね、非常にしんどかったですが、今となっては良い思い出(笑)

図書館に新しく入って来た資料は、目録を作り、分類と件名を付与し、請求記号を付け、ラベルやコーティングなどを施し、ようやく書架に列ぶわけです。

その流れの中の、目録を作成するという一つの過程を覚えるための演習、ということですね。書きながら、復習と整理が自分でも出来てきました(笑) 演習中は、自分の行っている作業がどういった位置付けなのか余り考える余裕がなかったですね、思い返してみれば

もう気が付けば8月も終わりが近づいてきました。早いなあ、9月に入っても走り続けたいと思います。
image

広告

司書講習中間報告~その9~」への3件のフィードバック

  1. マル

    初めまして
    明治大学の夏期講習でで情報組織演習!、2を取ろうと思いますが、試験問題はどんな感じですか?やはり、複雑な形態の目録を書かせる問題がかりなのでしょうか?穴埋め問題や、記述の問題は少ないという感じでしょうか?
    学校を選ぶにあたり参考にさせていただきたいと思います
    よろしくお願いいたします

    • こんばんは、以前にコメントいただいていて、返信が出来ていなかったら申し訳ありません・汗

      情報組織演習、目録を作成する授業のテストはそんなに難しくはなかったですよ。授業をキチンと受けていれば大丈夫だと思います。

      演習問題は、手書きで目録を各々が作ってみて、それを当てられたら人が黒板に書いてシェアするという流れでした。

      テストはその中の類似問題が五問程度出たように記憶しています。穴埋めもなかったように思います。

      夏の司書講習のテストはだいたい先生も作ってくれるのですが、たまに採点の辛い先生もいらっしゃるのでそこは要注意です。

      演習の時はクラス分けがなされるので、先生によって授業の進め方など変わると思います。

      ご参考までに。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中