司書講習中間報告~その8~

標準

こんばんは、ブログご訪問ありがとうございますー。

またまた、司書講習中間報告です、今回は情報資源組織演習B(分類・件名・主題分析)でした。科目名の通り、情報資源組織論で扱った内容を実際に演習形式で色々やってみる、という内容でした。情報資源組織論では、情報資源を組織するにあたっての概論的な内容だったのですが、今回は日本十進分類表などを使っての主題分析や、タイトルや内容から分類記号を振ってみるなど、いかにも演習といった感じ。

情報資源組織論で、様々な分類形式があること、DDCやNDCでは書架に実際に配置する物理的な意味で、どうしても一つの主題のもとに分類記号を振らなければならないのですが、これがなかなか難しいというか、悩ましい。主題がこれ! ってわかりやすいものばかりではなくて、主題と思えるものが並列的であったり、個人の主観や裁量に委ねられるところも大きいわけで、いや本当に難しいなと。
また、分類記号を振る際にも、補助表なるものが多々あったり、例外が結構あったり。覚えるのもなかなか大変でしたね。でも、専門的な内容になってきたこともあり、なかなか楽しいというか、嫌いではない感じ(笑)

ちなみにランガナタン博士の提唱したコロン分類表では、複数主題を付与できるとのことですが、じゃあ実際にどう配架するのかとなると、物理的になかなか難しい、らしい…。

まだまだ演習で、実践ではないのでこれも場数を踏まねばですね。

図書館って、その根本にあるのは「秩序」だと前々から感じてはいたのですが、実際に配架する際に必要な分類記号を振る際に、個人の主観などによる「振り幅」があることは強く印象に残りましたね…。同じ資料でも図書館によって分類記号違うこともまま眼にしてはいたのですが。

また、この作業は基礎を押さえておくことは勿論、資料に対してある程度目利きになっておかないとな、とも感じました。弛まぬ研鑽がこれまた必要ですね。

うーん、土日に上手く休めなかったのでお疲れ気味ですがまだ月曜日、先は長い…。また、物事をなすときに中間辺りがだらけることは経験則として感じてはいるので、勝負所ですね。時間感覚には慣れてきましたけどね。

頑張ります!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中