司書講習中間報告~その5~

標準

こんばんは、ブログをご訪問いただきありがとうございます、またまた司書講習中間です。情報組織資源論が終了致しました。

授業の意図として「図書館において収集した資料を提供・保存する過程である資料組織化(分類・目録)について理解する」とありましたが、文字通り目録について、資料の分類について学んだ三日間でした。

資料を組織するとはどういうことなのかというところから始まり、目録とは何か、資料分類の歴史、様々な資料分類の方法、そして日本十進分類表を使って実際に分類記号を付してみたりと、いかにも図書館に関わる授業という感じでしたね。分類方法など、抽象的な話ではなかなか理解しにくかったのですが、実際に資料を日本十進分類表を使ったりして分類する作業を通して、まだまだほんのさわりだけだなあという感触はありつつも、かなり実践的な内容ではあり、図書館業務の一端に感覚的に触れることが出来て、学ぶところは多かったです。情報資源組織論については演習科目も今後に予定されているので、そこでまたより実践的なことを身に付けるために、それまでにキチンとインプットしておかないとな、と実感しています。

目録や分類の歴史的な背景など、必要最低限なことは押さえつつも、やはり場数や経験値を蓄積させていかないといけないなという感想を持ちました。実際の業務の中で覚えてスキルを身に付けていく感じの内容なのかなという印象です。演習科目がありますけど、あくまでも演習であって現場での作業ではないので。
必要最低限の知識については、細かいところまで覚えておくというより、大まかな流れを掴んでおかないと、ですね。これも要復習です(笑)

この司書講習を受講するに当たっての最大の目的は、自分が図書館について何を知っていて、また何を知らないか、そのことをある程度把握することだったのですが、その目的に近づいているなという感覚はあります。各論のところをもっと掘り下げようと思えば、まだまだ掘り下げられるとは感じてはいるのですが、大まかなガイドラインを把握することが最大の目的なので、そのことを意識して臨んでいきたいと思っています。

これで10単位ということで、折り返し地点も見えてきました。明日からの三日間、情報サービス論を終えればお盆休み! 休みに入ったら、フットサルしたりとか身体を動かしたいですね(笑) 時間感覚は慣れてきたものの、座っているのがまだ身体感覚として疲れます、正直に言って。

そして、講習のペースにも慣れてきたからか、食欲も戻ってきました。キチンと食べて、休息や息抜きもしっかりとして、コンディション維持を怠らないようにしなければ。

明日からも頑張ります!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中