司書講習中間報告~その3~

標準

こんばんは、ブログご訪問いただきありがとうございます。

司書講習の3つめの科目である図書館サービス論が無事に終了致しました。

科目名通り、主に図書館サービスについて、図書館のサービスとは、基本的人権によって保障されている権利であり自由であるという前提のもと、様々な図書館サービスの在り方を学んできました。

障がいを持つ利用者、言語の面でマジョリティではない利用者、様々な事情があり来館することの出来ない利用者。そういった方々にもいかに図書館サービスを提供していくのか。その実例を講義は勿論、映像資料を観たり、実物に触れてみることによって改めて知ることが出来た感があります。具体的なツールとしてはDAISY、手話、点字、拡大視聴機、布の絵本、宅配サービスなどですね。

またそういったサービスが、例えば日本国憲法や、ユネスコ公共図書館宣言(1994年採択)などの裏付けによっていることを知れたのも、大変に有意義でした。一応、図書館の現場に居るものとして、今回の講義の内容以外でも言えることなのですが、現場でそれをなぜ行うのか、またその根拠は何なのか、といったことに対して、その答えが自分の中になかったこと、または知らなかったことが心許ない部分も大いにあったので。

あとは、またまた情報リテラシー、著作権、レファレンス・サービス、課題解決型サービスについてなど。ここでも情報リテラシーというワードが。今後の図書館サービスにおいて重要な概念になってくるかもですね。

また最終日提出・発表の課題としてTwitterの文言を考えるというものがありました。その課題関連で参考までにと、実際にどれくらい公共図書館でTwitterの公式アカウントを持っているのか、ぱっと調べてみたら余りというか、一般的な公共図書館では殆ど公式アカウントを持っていませんでした。だからこそ、そういった面では開拓する余地は計り知れないくらいあるのではないかと…。と言うより、この現状を鑑みて、そもそも情報を扱うプロの図書館員がSNSについて関心が無かったり、使いこなせないのは問題なのではないかと…、強く考えた次第です。

問題提起して終わりというのもなんですが(笑)、今日はこの辺りで。少しずつでも、講習のペースなどに慣れてきたかな、と。体重は2㎏落ちてますが…。

が、頑張りますっ!

広告

司書講習中間報告~その3~」への3件のフィードバック

  1. 牧原 祥子

    暑いなか一生懸命取り組んでいらっしゃる様子、本当に頭が下がります。

    お忙しいところ、ひとつ質問させていただきます。

    当市ではかつてはテープ図書を製作。DAISYに切り替え、3年目。諸事情あり音訳者のフォローは他業務との兼ね合いもあり、大変厳しい状況です。あまり細かく書くと、スペースがたりないので。
    断腸の思いですが、製作中止の方向で検討していきたいと思っています。やはりこれは今後も石にかじりついてでも年に5タイトルほどの製作でも、続けていくべきなのでしょうか?

    今年度、サピエに加入でき、資料提供の道はこれまでと変わらないかそれ以上に確保されていると思います。

    表現は良くないかもしれませんがお金で解決できるところは予算の確保に努め、資料提供の機会の拡充(PR、高齢者を含む宅配サービスなどなど)に比重を移していくことはそんなにいけないことなのでしょうか?

    製作はやめても、全くサービスをやめてしまうわけではなく、方向性を変えたいということなのですが。

    図書館3館正職13人で、指定管理の図書室3万冊規模の館4館の選書〜除籍諸々フォローもして、新しい事業もやって、というのは厳しい現実。
    そう。理想と現実の壁は高いです。

    • 牧原さん、コメントありがとうございます。
      現場での理想と現実の壁は高いのかと、牧原さんからいただいたコメントを読んで、やはり、という感想を抱きました。

      講義では障がいを持った利用者、高齢者、言語的マイノリティである外国人利用者の方々へのサービスが色々と具体的に示されていて、講義全体の比重としても高かったように感じています。

      そういったサービスに取り組むべきだというメンタリティを強く持った一方で、率直に言えば、図書館サービスとはかくあるべし! という理想の姿と、経済的であったりマンパワーの面であったり、現実的にそういったサービスを積極的に展開していくのは、可能なのかなと、気になっていたのも事実です。努力や自己研鑽は勿論必要ですが、その範疇で収まるエネルギーや労力で賄いきれるものなのかと。

      マイノリティの方々への図書館サービスでは概論でも少し触れられてはいて、今回は図書館サービス論ということで各論です。司書講習全体の配置で言えば、図書館制度・経営論などで、その辺りの現実的な話も出るのかもしれないとは考えていますが。

      自分自身を鑑みても、牧原さんのコメントからも、やはり理想と現実の壁は高いなあと改めて感じさせられました。

      もしかしたら、図書館サービス論の先生も現場一般の事情は厳しいことは承知の上で敢えて、理想的なサービスのあり方を講義されたのではないかなとも思います。司書の卵である自分達に、志や理想は高く持って欲しいとの意図と願いを持って。あくまでも推測なのですが。

      あまりお答えになっていないようで、すみません。

      • 牧原 祥子

        ありがとうございます。
        おっしゃる通りです。
        知っておくべき最低限の知識と、かくあるべしとの理想像を学ぶことが受講される意義かと。ご自身のなかで核となるものが得られると良いですね。自信につながりますから。
        私も基本に立ち返って勉強しないと(^^)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中