読書会、とは。

標準

こんばんは、辻です。

来週の水曜日の6月18日、千駄ヶ谷にて19時より、鎌倉幸子さん著・『走れ! 移動図書館~本でよりそう復興支援~』(ちくまプリマー新書)の読書会です。今回も著者である鎌倉幸子さんとの共催です。本当にありがとうございます!

さてさて、読書会とは一体何をやるんだろう? なんかよくわからないなあ・・・、という方もいっらっしゃるかとは思うので、読書会とはどんな感じだったのかということなどを、この投稿で少し書いてみたいと思います。

端的に言うなら、テーマ本を読んできて感想など、意見などを話し合う会、ですかね。Wikipediaで「読書会」の項目を引くと難しいことが書いてありますが・・・、自分もびっくりしました・・・。でもそんなに堅苦しく考えていただかなくても大丈夫です。実際に今まで二回の鎌倉幸子さんを交えての千駄ヶ谷での読書会、Wikipediaにあるような堅苦しかったり、小難しい感じではなかったので、そんなに構えていただく必要はないかなと思っています。テーマ本を読んで思ったことや感じたことなどを、素直に話してくだされば大丈夫です。

さらに、今回も著者である鎌倉幸子さんとの共催なので、テーマ本を読んで、思ったことや感じたこと、疑問に思ったことなどを著者である鎌倉幸子さんに直に話せて、疑問に思ったことなどにもお答えいただける、思ったことなどを共有できる、という読書会になっています。個人的に児童文学やヤングアダルトをテーマ本とした読書会に出たりなどしていたのですが、著者の方も同席いただけるというのはなかなかないことだと思います。

ここで参考までに今まで二回の千駄ヶ谷での読書会のタイムテーブルを記しておきたいと思います。

①開会の挨拶(いきなり大袈裟な感じですみません・汗)・1分

②鎌倉幸子さんのご挨拶・2、3分

③参加者の自己紹介・一人2、3分

④参加者各々がテーマ本を読んで感じたこと、思ったこと、鎌倉幸子さんに聞いてみたいことなどをお話いただく・一人5分程

⑤参加者の聞いてみたいことについての鎌倉幸子さんからのレスポンス・15分程

⑥今までの流れからのフリートーク・1時間程

⑦閉会の挨拶

という流れでした。具体的な進行具合などをイメージしていただけたでしょうか。自分が緊張していたり、また文章を書くときも文体が堅苦しいので(笑)、そういった部分が伝わってしまっているかもしれませんが、ご参加いただいた皆さまが本当に場を和ませてくださったので、読書会のWikipediaに書かれているような小難しい感じではなかったです。ですので読書会ってなんだか小難しくて敷居が高そう・・・、なんて思っている方々に、読書会って名前はいかめしい感じだけど、そんなに堅苦しく考えていただかなくて大丈夫ですよ、ということをお伝えしたいのです。

『走れ! 移動図書館~本でよりそう復興支援~』を読んで、感想や気になったことをシェアしたい! 鎌倉幸子さんにこんなことを聞いてみたい! という方、、まだ2、3名程度ご参加いただけますので、参加表明お待ちしてります。

(付記)
今まで二回の千駄ヶ谷での読書会、ご参加いただいた皆さま、自分自身の「ストーリー」を持って、『走れ! 移動図書館~本でよりそう復興支援~』をお読みになっているのだなあと、つくづく感じさせられました。また、本のタイトルにもある通り図書館のことはもちろん、東日本大震災のこと、ボランティアのこと、福祉のこと、様々な切り口があって、参加したものとして考えさせられ、また新たな発見がありました。この度も有意義な読書会となるよう務めて参りますので、皆さま方、どうぞよろしくお願い致します。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中